海外での家探しのポイント

外国へ留学するときに家探しをするときのポイントとして、住居のタイプや家賃の相場などを最初に調べておく情報はたくさんありますが一番優先したいのが安全です。外国の留学予定の家探しをする地域の特色や、外国人として住むときに安全かどうかを必ず確認する必要があります。また、通学ルートや買物など日常的な行動範囲のイメージも大切です。最近はホテルや海外ウィークリーマンションなどに仮滞在してから家探しを行い、それから本格的に決めることもあります。また、留学前に現地の日系不動産会社の公式サイトなどで情報を集めて、渡航後に契約したり先任者の住居にそのまま入居したりする場合もあります。どの方法でも現地の住宅事情について必ず調査しておくことが大切で、出来る限り現地の日系不動産会社や日本人会などにコンタクトを取って情報を事前に得ることが重要です。留学先の外国での家探しをするときには大体の家賃相場の把握も欠かせません。相場は現地の日系不動産会社や日本人会などに聞いて情報を集めます。家賃相場や国や地域よって異なりますが水周りなど日本と同様に整備されている物件はやや高いことが多いです。家探しをするエリアによって相場は異なりますが、エリア選びは安全性と関連する重要なことです。ここでは妥協はしないで安全を購入するつもりで選んだ方がよいです。治安のよいところはやや家賃が高めなことが多いため、予算が低いと全く物権が見つからないこともあります。また、国際的な都市部だと家賃が高騰していることもあるので上限も設定してから選んだほうがよいです。

バックナンバー

↑PAGE TOP